沿革

大正 4年 吉武 文右衛門が塗装技術の取得を目指し福岡野口塗装にて修行。後に 塗装工事の下請人として創業。

昭和13年 ㈱清水組上海支店開設に伴い塗装工事下請人使命渡支、同支店塗装工事を一手に下命を受け工事施行。

昭和21年 清水建設㈱系列会社、通信建設㈱福岡支店創設に伴い、下請使命を受ける。

昭和25年 通信建設㈱福岡支店閉鎖に付き、清水建設㈱福岡支店の下請指名を受ける。


昭和29年 清水建設㈱東京支店の下請指名を受ける。
(有)吉武屋塗装店設立 代表取締役 吉武 文右衛門
秋田営業所を開設し、清水建設㈱仙台支店の下請指名を受ける。

昭和35年 清水建設㈱全国連合兼喜会及東京支部会員となる。
千葉営業所を開設し、清水建設㈱千葉県下の工場現場の指名を受ける。

昭和46年 秋田営業所を分離、系列会社として、吉武塗装㈱を設立。

昭和47年 有限会社の組織を変更し、吉武屋塗装㈱となる。

昭和48年 相模原営業所を開設。

昭和52年 秋田吉武塗装㈱を閉鎖。

昭和55年 相模原営業所を分離、系列会社として、(有)吉武塗装を設立。
代表取締役 吉武 巖

昭和57年 千葉営業所を閉鎖。千葉県下の業務を(有)堀江塗装工業へ一任。

昭和61年 吉武屋塗装㈱本店閉鎖。

昭和63年 清水建設㈱全国連合兼喜会横浜支部会員となる。

平成 6年 吉武 伸記 代表取締役就任。

前のページに戻る

このページの上部へ